2010年01月22日

<20年五輪>長崎市が共催断念(毎日新聞)

 広島市との共催で2020年夏季五輪の招致を検討していた長崎市の田上富久市長は15日、共催都市としての参加を断念する意向を表明した。同日午前に開かれた市議会の各派代表者会議で明らかにした。田上市長は、市としての単独開催は検討しないとした上で「広島市が正式に(五輪招致に)手を挙げれば、全面的に協力したい」と述べた。

 田上市長は代表者会議で、日本オリンピック委員会(JOC)や国際オリンピック委員会(IOC)の委員から共催への難色を示された経緯を説明。「(1国1都市が申請できるとする)IOC憲章が変わらない中で、これ以上共催の可能性を追うことは、2020年に被爆地でオリンピックを開催する可能性をかえって狭める」と述べた。

 今後の対応については、五輪招致検討委(会長・秋葉忠利広島市長)の中で決めるとしたが、市長は広島市の招致運動に全面協力する考えを示した。

 会議後、田上市長は記者団に対し、共催断念について「残念だが、いろんな方が(共催に)賛同してくれたので、意味はあった」と強調した。秋葉市長には14日に電話で断念の意向を伝えたことを明かし、秋葉市長からは「今後も連携していこう」と呼び掛けられたことを明らかにした。

 また田上市長は、広島市が単独開催招致に乗り出した場合、平和関連イベントなど関連行事への参加を検討する考えも示した。

 長崎市は昨年10月、広島市と共に2020年五輪の招致を検討する考えを表明。だが昨年12月、JOCの竹田恒和会長が両市長に対し「共催は不可能」との考えを伝達。1月12日にもIOC前副会長の猪谷千春委員から「IOC憲章を変えるのは困難」との意向が伝えられていた。【阿部弘賢】

【関連ニュース】
広島・秋葉市長:IOC委員と面会へ 五輪招致に助言求め
20年五輪:広島市、単独招致の可能性 長崎市は「無理」
20年五輪:JOC、広島・長崎共催拒否 世論支持を懸念
20年五輪:「広島、長崎共催は推薦できない」JOC会長
20年五輪:猪谷IOC委員は共催に否定的 2市長と会談

福井さん、上原さん通夜しめやかに 羽曳野3人殺害(産経新聞)
新聞・テレビの猛反発は必至 総務相「新聞社の放送支配禁止」表明(J-CASTニュース)
「官民協力」奏功 振り込め被害3分の1 検挙率も77%(産経新聞)
<裁判員裁判>どう判断? 殺人否認の被告(毎日新聞)
蓮舫「元々日本人じゃない」 平沼発言に批判集中(J-CASTニュース)
posted by ミムラ ヒデオ at 13:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。