2010年01月25日

<裁判員裁判>どう判断? 殺人否認の被告(毎日新聞)

 静岡地裁(原田保孝裁判長)は18日、スナックの女性経営者を刺殺したとして殺人罪に問われた静岡市葵区本通10、無職、小田義雄被告(60)の裁判員裁判を3月9〜18日の間の7日間とすることを決めた。小田被告は起訴内容を全面否認して無罪を主張している。

 起訴状によると小田被告は09年5月6日、同区新富町3、スナック経営、平本広子さん(当時61歳)方に侵入、胸や背中などをドライバーで数十回刺して殺害したとされる。

 弁護人によると小田被告は「やっていない」と起訴内容を一貫して否認しているという。

 3月9日に裁判員と補充裁判員の選任手続きと初公判を予定。16日の論告求刑までに証人5人の尋問や被告人質問などを実施し、18日午後3時から判決が言い渡される。【山田毅】

【関連ニュース】
最高裁:「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負
裁判員裁判:取り調べDVD証拠に 仏画強盗公判で名地裁
耳かきエステ店員殺害:29日に公判前整理手続き
量刑検索システム:誤入力新たに19件 10件が判決主文
裁判員制度:対象事件で1212人起訴

小沢幹事長「できる限り公正な捜査に協力する」(産経新聞)
【Re:社会部】「双方向」拡充します(産経新聞)
名護市長選、きょう告示(産経新聞)
<土地購入事件>鳩山内閣の閣僚から苦しい発言続く(毎日新聞)
<ニュース1週間>日本航空、会社更生法の適用申請/小林繁元投手急死(毎日新聞)
posted by ミムラ ヒデオ at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。